車査定コラム

車査定コラム記事一覧

外車の魅力

最近日本国内ではかなりの数の外車が走っていますよね。近年外車の売り上げが非常に上がっているようです。それだけ収入や外車の買い求めやすさが向上したのかもしれませんね。外車と言ってもありとあらゆるメーカーがあります。原産国も様々です。有名どころで言うとドイツ車、イタリア車、フランス車、アメリカ車などあり...

≫続きを読む

 

アウディの魅力

私がアウディを魅力的だと一番に感じる点は、高い車であっても見るからに高級車ですと表現していない車だと言うところです。乗るからには周りの人からいい車に乗ってるねー、高級車乗ってるねって言われたい気持ちはもちろんあります。でも、例えば、メルセデスベンツで言うならAクラス以上のクラスになると、高級車と言わ...

≫続きを読む

 

最近の軽自動車

普通車もたくさんありますが、軽自動車もたくさんありますよね。特に最近は車の維持費なんかもあって軽自動車に乗られる方が多いように思います。私の周りでも、普通車から維持費のことを考えて軽自動車に買い換えた人もいるし、同じく維持費が高いから普通車から軽自動車に買い換えようか検討中の人もいます。きっと10年...

≫続きを読む

 

黒いボディ車の難点

我が家には2台車があります。1台は白、もう1台は黒です。私も旦那も今まで白い車しか購入経験がなく、2年前に購入した車が初めての白以外の車でした。車種や形によってこの車にはこの色が似合うとか似合わないとかあると思うけど、2年前に購入した車は我が家では初めての高級車で黒の方が高級感が出るし、私好みのいか...

≫続きを読む

 

MTからATへ

私が免許を取って一番最初に乗ったのはMT車でした。教習所でMT車メインで練習をしていたので何の違和感もなく運転出来てました。ただ、クラッチを踏んでシフトチェンジしてと大変なんですけどね。2台目は今度はAT車を購入しました。2年ちょっとMT車に乗ったけど、さすがに運転が疲れるんですよね。坂を上がった所...

≫続きを読む

 

丸っこい車が嫌い

年々車の形が丸くなりつつありますね。昔はとにかくカクカクしていた記憶があります。フォルクスワーゲンのビートルに限っては昔から丸いフォルムでしたけど...。何故年々丸くなっていくのでしょうか?全車種丸くする必要はあるのでしょうか?昔のカクカクした車が好きな人もいると私は思うんですけどね。これからまた更...

≫続きを読む

 

普通車の後部座席

私はステーションワゴンに乗っています。我が家にはステーションワゴンが2台ありますが、我が家の車に限らないと思いますが不満があります。それは後部座席のシートが動かせないこと。多少は背もたれを調節することが可能な場合はありますが、背もたれに関しての不満ではないんです。ここ1、2年ぐらいの間に購入したであ...

≫続きを読む

 

人気が高くよく売れていたはずの車が生産終了

人気がなくて、買う人がほとんどいなくて、その他色々と問題があって生産終了するならわかりますが、人気が高くよく売れていたはずの車が生産終了しました。それは、スバルの軽トラック、サンバーです。私の住んでいる地域は田舎で、農家が多く、大体どこの家でも1台は軽トラックを所有しています。その中でも一番人気が高...

≫続きを読む

 

2シーターのオープンカー

好きな方、乗っておられる方は不愉快な思いをされるかもしれません。完全な私個人の意見ですので、何言ってるんだ、何も知らないくせにと言う感じで聞き流して下さい。2シーターの魅力ってなんでしょう?走っている姿を見るとカッコいいなぁとは思いますが、それと同時に、急に天気が悪くなって雨が降ってきたらどうするん...

≫続きを読む

 

アウディTTのメリット・デメリット

アウディと言うメーカーは私は外車の中で最も魅力的で大好きです。そのアウディの車種の中にTTと言う2シーターのスポーツタイプの車があります。これがすっごくカッコいいんですよね。どうカッコいいかと言われたら上手く説明出来ませんが、誰もが好きな面構えだと思います。でも、カッコいいだけでは買えません。デメリ...

≫続きを読む

 

ポルシェ・マカン2.0Lモデルの予約開始

ポルシェの日本法人が「マカン」の予約受注を開始するそうです。以前のモーターショーで発表されていましたから、おそらく気が早い人はすでにディーラーで仮予約みたいなことをしているかもしれないですね。2.0Lターボエンジンモデルで価格は616万円なので、ポルシェにしては比較的安い価格ゾーンではないでしょうか...

≫続きを読む

 

中国では古いモデルも併売しています

日本では考えられないですが、中国ではモデルチェンジが行われた後も古いモデルをそのまま新型と併売することが珍しくないそうです。今だと、マツダのアテンザに至っては新型、1世代前、2世代前の実に3世代のモデルが併売されていて、アクセラも現行モデルと旧型の2世代が併売されているそうです。中国では信頼が得られ...

≫続きを読む

 

光岡自動車オロチ、生産終了です

車に詳しくない人は知らないかもしれない光岡自動車ですが、同社が作っていたなんちゃってスーパーカー(?)のオロチが生産終了するそうです。見た目はすごいけど走りはそうでもないという、正しく逆転の発想ともいえる車でしたが、生産終了の理由は9月から横すべり防止装置が義務化されるからだそうです。光岡自動車は外...

≫続きを読む

 

フォード・エコスポーツを日本でも発売

フォードが世界戦略車と位置づけるコンパクトSUV「エコスポーツ」を日本でも発売すると発表しました。1.5Lガソリンエンジン(111馬力)、デュアルクラッチを採用しています。SUVにしてはエンジンがものたりない気もしますが、法定速度を守るにはこれでも十分ですね。アクセルを踏んだら「がっ」と加速して欲し...

≫続きを読む

 

ボルボV40の特別仕様車が発売

ボルボがV40初となる限定車を発売します。「V40クロスカントリーT4 Nordic」(380万円)と「V40 T4 SPORTS」(379万円)で、それぞれ200台だそうです。この値段だったら200台くらいすぐに売れてもおかしくないと思いますが、実際どうなるのでしょうか。ちなみに、日本国内で見るこ...

≫続きを読む

 

ジープの小型モデル、レゲネード発売

クライスラーがジュネーブモーターショーで小型モデルとなる「レゲネード」という車を発表しました。レゲネードという名前はジープでは昔から使われてきたものですが、その名前を知っている人はなかなかの通ではないでしょうか。ジープというと、本格的なクロカン車というイメージが強く(実際そうですが)、またボディサイ...

≫続きを読む

 

世界で販売される軽自動車

軽自動車といえばガラパゴス的な車の代表とも見られがちですが、スズキのワゴンRは全世界で35万台を販売したそうです。でも軽自動車って日本だけの規格なので、さすがにそのまま売っているわけではありません。ボディサイズ(全長、全幅)は日本の軽自動車と同じサイズで作っていて、エンジンは1.0Lになったことでエ...

≫続きを読む

 

スバルのアイサイトは白黒カメラでした

「ぶつからない車」で有名になったスバルのアイサイトですが、今では装着可能車のうち8割で装着されているそうです。これだけ装着率の高いオプションってなかなか無いんじゃないでしょうか?開発がスタートしたのはかなり昔からみたいで、けっこう前からオプションでは用意されていたみたいですが、装着率が上がったのはこ...

≫続きを読む

 

日本で乗るような車ではありません

一体誰が乗るのでしょうか?メルセデスベンツが発表した市販車最強とも言える6WDのオフロード車「G63 AMG 6×6」があまりにもパワフルすぎます。この6WDのシステムは軍用車がベースになっていて、エンジンは500馬力オーバー、7速AT、全長約6m、全幅約2m、全高約2.3mとかなり大きな車です。ま...

≫続きを読む

 

ショールームと実際に走っている姿の違い

分かりきっていることですが、ショールームで見る車と実際に見るのとではかなりイメージが変わりますね。最近だと、新型のフィットやアクセラが走っているところをよく見るようになりましたが、特に後ろから見た雰囲気がかなり変わります。というか、ショールームで見るときって後ろ姿とかそんなにじっくりと見ないし、見て...

≫続きを読む